「やはりこのご時世厳しいんだな」

 つい先日の事です。仕事が遅くなり歩いて帰るのが鬱陶しくなり、タクシーが来たので手を挙げて停まってもらいました。
 行き先を告げて運転手さんが「はい!わかりました!」と言ってくれました。
 そして、結構な頻度で赤信号に捕まってしまったのです。しかもこちらの地域の信号は長いのです。正直、2~3分は待たないといけないのです。
 すると運転手さんは、停車のたびに、その2~3分の間になんと求人情報誌を見ております。
 内心「おっ!転職でもするのかな?」なんて思いました。
 自分も興味本位で運転手さんに、「転職でもするんですか?」と訊いたら、運転手さんは「そうなんですよ!いっそ転職でもしようかな?なんて考えていましてね」ということ。
 お話を聞いてみると、今の時代タクシーに乗ってくれる人が本当に僅かになってしまい、恥ずかしい話だけど給料がかなり低いという事を聞かせてくれました。
 だから転職してみようかなと思ったらしいです。
 僕はその話を聞いて、今の時代やっぱり厳しいんだな。上の人たちばかりだな潤っているのは。としみじみ思って、帰宅しました。