いろいろなことがあっても出会いを求めていく

結婚して子供ができ、幸せな家庭を築いてきたものの、配偶者が病気や事故により亡くなってしまうというのは本当につらいことであり、なかなか現実を受け入れることができないものです。とはいえ、こうした形で結婚生活がピリオドを迎え、悲しみを乗り越えるために、新しい出会いを探していくというのは、悪いことではありません。感情的にはいろいろなことがあるとはいえ、そうした状況を含めて理解してくれる異性が現れるかもしれません。出会いは意外なところからやってくることもあり、予期できないものです。そのようなことを願って、一生懸命に婚活をすることができるでしょう。たとえ50代あるいは60代や70代になったとしても、そこからの出会いを求めることはできるし、自分に合うなと思えるような素敵な異性との出会いを楽しむことだってできます。諦めるのは早いです。