私が子供の頃好きだった漫画の話し

私が初めて読んだ漫画は記憶にある中では「まじかる☆タルるートくん」です。
テレビアニメが放送されていた頃で、父親と本屋で行った時にそれを見つけて買ってもらいました。
面白くて何度も繰り返し読みました。
その次は「幽遊白書」でこれもテレビアニメをやっていた時に本屋で見つけて買ってもらいます。
次は買ってもらったわけではないですが、「クレヨンしんちゃん」が両親の寝室にあるのを発見しそれを繰り返し読みました。
その作品は今でも続き劇場版アニメも作成されているのが凄いと思います。
そして中学になったらお小遣いをもらうようになり自分で漫画を買うようになったのですが、それで「烈火の炎」や「ハンターハンター」に出会いました。
ハンタは今でも休載を挟みつつ連載されておりずっとファンでいます。
私が子供の頃と今の漫画の大きな違いはウェブ漫画の存在で、私はよくそれを読んでいます。
無料で手のかかった作品を読めることは嬉しいのですが、漫画業界の発展につながっているのかどうか少し心配です。
やっぱり漫画は買わないといけないなと思うのでした。